普通、離婚となると、浮気していた側は子の親権を奪われやすいと誤解されがちです。ただ、それは思いこみ的なものも大きいように思えます。裁判上の親権の判定では、同居の有無や育児への参加度合いなどを重くみる傾向があります。つまり、子供の生育に適した環境かが優先されると考えて良いでしょう。自分でいろいろするよりは、浮気調査は探偵に頼みましょう。探偵に依頼する方が、欲しい浮気の証拠がつかめます。自分がわけもわからず手当たり次第に調べても、浮気している事実くらいならすぐにわかります。でも、パートナーに詰め寄っても浮気を認めようともしなかったら、有利な条件での離婚はできないでしょう。そのため、確実な証拠というものが必要になります。探偵に調査を依頼するときには、その調査にどれくらいかかるかの平均的な費用を理解していないと、見積書を見てビックリなんていうこともあるでしょう。2時間で2万円台あたりを考えておく必要がありますから、安いものではありません。仮に尾行の日数を増やそうものなら、費用負担は増えるだけですから、支払い可能な金額を超えないように気をつけましょう。法律の中では、婚姻関係にある人が配偶者以外の異性と故意に肉体関係を持つことを浮気といいます。すなわち、法律上では、肉体関係を持っていなれば、一緒に時間を過ごしていたとしても、不倫ではないのです。男女の既成事実をつかむのは個人では難しいですが、探偵や興信所に内偵してもらうこともできます。自分の配偶者が、浮気という過ちを冒していても今後も、パートナーであり続けたいのなら浮気相手との逢引現場に向かうのはしないほうがいいでしょう。パートナーを裏切ったことがバレた途端に相手が逆ギレしてしまって、別れなければいけなくなってしまうこともありえます。しかも、浮気相手に直接関わった結果、大きなストレスになってしまうのです。探偵事務所調査を依頼し、浮気の証拠が掴めます。配偶者が浮気をしているのではないかという疑いをもった場合、とにかく自分で証拠を集めようとします。けれども、浮気の証拠を自分だけで集めようと思っても、自分の行動が相手に見つかってしまう事もなきにしもあらずです。はっきり言ってその理由は、顔がばれてしまっているからです。不倫した場合の慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度のケースもありますし、400万円くらいのケースもあります。離婚しなくても慰謝料を請求することができますが、額は少なくなります。それに、不倫した相手が浮気を否定するケースでは必要なのは証拠です。第三者からみても明白な不倫の証拠を用意しなくてはいけません。成功報酬と言って誤解されがちなのは、例えば、浮気調査について依頼したとすると、その際の調査期間が3日間だったとするとその3日の間だけは浮気がなかったとすればその調査は成功として扱われてしまいます。実際に浮気があったとしても、調査をした間だけはたまたま浮気していなかったら、浮気の証拠がつかめないまま、調査期間を終えてしまい、成功報酬としての料金を請求されます。立ち寄る場所がわかる機械を利用して、毎週のように行っている所を検索して、張り込んでいると、待っていればパートナーはそこに行くはずなのですから、こちらに有利な証拠を掴めるでしょう。費用のご準備が十分ではないときには、GPSの機械で所在を調べるのも、様々なやり方の選択肢の一つです。ただし、その装置を仕込んだことが発覚することがあります。いざ探偵を利用しようと思うと、どこに依頼したら良いかわからないものです。人が動く範囲は決まっていますから、地域周辺に限って、ウェブで検索してみると良いでしょう。いくつか選んだところで相談専用電話があればそこに、そうでなければ代表か営業所に電話をかけ、調査してほしいことを伝えてみると良いでしょう。とにかく話を聞いてみなければ、誠実そうな会社かどうかも判断がつかないですし、同時に疑問点も聞いてみると良いのです。